HOME>イチオシ情報>今すぐに始められる駐車場経営の魅力について

土地が狭くても駐車場経営できる

駐車場

家を建てるには難しい狭くて、小さな土地でも駐車場として利用する事ができます。狭小地は住宅に不向きであり、変形地だと建物を建てる事ができなくはないのですが、狭い家になってしまう事が多いです。しかし、駐車場であれば狭小地や変形地であっても車を停める事ができれば問題ありません。土地が10~15坪程度あれば、2~3台停めることも可能です。駐車場の場合ですと土地があって、駐車場の運営を手助けしてくれる会社と契約していれば、初期投資が少なくても経営を始める事ができます。初期投資がなくても始められるケースもあります。初期投資額がどのくらいかかるのかは、土地の規模などによって違ってきますので、駐車場経営の専門会社に相談しましょう。

駐車場経営は1ヶ月で始められる

駐車場

アパートやマンション経営をする場合の手順はまずはどんな部屋にするのか、構造などを考えていきます。構造などが決まったら、施工業者に依頼して、建設をしてもらいます。アパートができるのは、どんなに早くても1年ほどかかる事が多いです。既存の物件を購入しても、物件を探して、リフォームなどを行えば数ヶ月はかかります。しかし、駐車場の場合ですとすぐに事業を始める事ができます。駐車場にする土地に建物があれば、解体や舗装をして、それから必要な設備を設置をする必要がありますが、それでも1ヶ月あれば完了する事ができます。既に舗装されているのであれば、設備を設置したら半月で始められる事も可能です。

いつでもやめられる事ができる

駐車場

一度建物ができるとすぐに撤退することは難しいですが、駐車場経営であればやめやすく、簡単に契約を解除する事ができます。駐車場経営にはコインパーキングと月極駐車場があります。コインパーキングであれば、契約していた管理業者に解約の手続きをすれば、早めにやめられます。月極駐車場の場合ですと、契約解除の予告をすれば撤退できます。しかし、立体駐車場の場合、賃貸住宅と同じとみなして、借地借家法の適用になる事もありますので、立体駐車場の経営をする方はまずは駐車場経営を専門している会社や弁護士などに相談をしておくと安心ですよ。

広告募集中