HOME>特集>賃貸保証会社と契約する前にデメリットも知っておこう

目次

滞納すると賃貸保証会社を選ぶことができなくなる

男女

賃貸保証会社を選ぶ際に注意をしないといけないのが、すべての物件や条件で契約した本人が、賃貸保証会社を利用できる訳ではない事です。借りたアパートごとに賃貸保証会社が決まっている場合ですと、同じ賃貸保証会社を利用して、家賃を滞納していた事があれば、入居審査が通りにくくなります。賃貸保証会社の規定によっては、契約ができない事もありますので、賃貸保証会社を利用する際は、家賃を滞納しないように気をつけましょう。滞納してしまうと借主側が賃貸保証会社を変更することができなくなります。

家賃を滞納してしまうと回収対応が厳しくなる

手を上げる女性

借主が家賃を滞納してしまうと、オーナーの代わりに賃貸保証会社が回収をします。オーナーから家賃の支払いを督促する場合と違い、賃貸保証会社の場合ですとより厳しく対応される事になります。例えば、1ヶ月滞納があれば、賃貸保証会社から電話かかってきたり、直接訪問したりする事があります。賃貸保証会社から連絡や訪問があって、すぐに対応をしなければ1~2ヶ月後に訴訟の内容証明が送付されますので、できるだけ家賃の滞納は避けたいところです。

別途保証料がかかる

駐車場

賃貸保証会社が連帯保証人になって、家賃の立て替えなどもしてくれるので、ある程度の費用はかかります。契約をした時は初回保証料を必ず支払わないといけません。会社によって、保証料の金額は異なります。また、賃貸保証会社を利用するとオーナーへ支払う更新料だけではなく、保証会社にも更新料を支払う事になりますので、契約をする前に保証料の金額を確認しておきましょう。

1ヶ月滞納すると契約解除される

駐車場

1ヶ月間家賃を滞納してしまうと賃貸保証会社から、契約解除や明け渡しの請求書が送られます。明け渡しが決まっても、借主が期間内に立ち退きしなかった場合は、借主がいない時に部屋の鍵を変えて入れないようにする事もあります。部屋にあった荷物を撤去される事もありますので、すぐに家賃の支払いが難しい場合は賃貸保証会社に相談して下さい。

広告募集中